スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEC退職強要

真実を伝える「しんぶん赤旗」が、NECの1万人リストラの実態を報じた。(10月9日付)

合計11回にも及ぶ40代男性への執拗な面談。
「間合い以外はほぼ再現した」というメモの一端を紹介。
体調不良と合わせて、「仕事は辞めない」「苦痛な面談はやめてほしい」と繰り返し訴えるが、上司や上役の非情な言葉で追い詰められていく様子がうかがえる。

私が働いていた派遣業界も露骨だった。
契約満了後、会社が必要としなければ、本人の意向に関係なく、契約解除となる。
派遣社員は即戦力を求められるから、引継と研修はたった1か月間しかない。
反論が許されず、「今のままでは次回の契約はできないよ」と言われ、みじめな思いもした。

以前、NEC系列の貿易会社に派遣されたことがある。
部署内は約2/3が派遣社員という異常な光景。
派遣社員も顧客を持たされ、業務が終わらなければ10時過ぎまで残業となる。
働く方も感覚が麻痺していて、「就業時間が超過しているのでは?」の問いに、「36協定は守っているから大丈夫です」と答える派遣社員には驚いた。

大企業の目指すものは何なんでしょうね。
税金をまけてもらい、資金もタンマリ貯めこんでいて、不況にしているのは自分たちなんじゃないの?
それを経営方針とか言って、労働者の生活や人生をいとも簡単に投げ捨てるなんて許されないですよ。

NECのリストラに屈しなかった男性のために何ができるか?
自分にできることがあれば力になりたいです。
まずは、明日の朝宣で世に知らしめよう!!





コメントの投稿

非公開コメント

No title

この赤旗の記事を読みました。
この面談としょうするものは、人格破壊の拷問だと思います。
NECの現場のことは良くわかりませんが、こういうことを許してしまう労働組合ってなんなんだろう。

1万人ものリストラをすることになった事態は、労働者には責任はないと思う。むしろ、経営陣こそ「面談」と対象であり、責任を取って辞めるべきは経営者側にあると思う。
資本主義的にいうなら、経営陣は腹を切って、株主に詫びるべきだろう。

人を大切に育てあげることができない会社に、良い物が作れるだろうか。
プロフィール

もとはし佳世

Author:もとはし佳世
1972年横浜市生まれ。39 才。県立城郷高校、帝京大学文学部英文学科卒。星の会作業所、(株)サミットエンタープライズ、(株)アデコ等勤務の後2009 年より全国福祉保育労働組合書記として働く。党横浜北東地区委員、青年学生対策部長。趣味はフラメンコ、絵葉書収集。家族は夫。現在、神奈川区羽沢在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。